石川県の社会保険労務士をお探しなら、金沢ひばり社労士事務所へお任せください。ハラスメント研修・採用定着支援に力を入れております。

社労士ってそもそも何をする人なの?

  • HOME »
  • 社労士ってそもそも何をする人なの?

弊所代表 朴が考える社会保険労務士(社労士)の仕事

「働きたい人が、働きたいところで、長く勤められるよう、お手伝いすること」

社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づいた国家資格者のことを指します。

一般的によく知られているのが「独占業務」という、資格を取得している社労士のみが行える、書類の作成・提出を代行できる業務ですね。

ですが、「ただ書類を代わりに作って代わりに出しに行く」だけの仕事ではありません。

複雑な制度を理解したうえで、従業員の方が安心して働けるよう、様々な助言や提案を行いながら、労働社会保険の諸手続きを行っております。

また、社労士は人事労務管理の専門家として、「どうすれば適切な労働時間の管理ができるか?」「どうすれば優秀な人材の採用・育成ができるか?」「どうすれば従業員が定着する職場を作ることができるか?」など、幅広いお悩みに対する適切なコンサルティングを行い、企業の業績向上にも繋がるご提案をします。

このように、社労士とは、働きたいすべての人のことを真剣に考え、働きたいすべての人がより長く定着して働くことができるよう、一緒に考え一緒に走っていける、そんな存在だと存じております。

もっと社労士について詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

全国社会保険労務士会連合会ホームページ

お気軽にお問い合わせください TEL 076-227-9551 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 金沢ひばり社労士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.